グレープフルーツのアロマについて

 

 

気分をリフレッシュするために多くの女性がアロマテラピーを楽しんでいるとされています。アロマを楽しむ方法として香りのついているキャンドルを使用したり、オイルを専用の機器にたらして香りを楽しむなど自分の好きな方法で、好きな香りを楽しむことができる点も大きな魅力になっています。

 

特に女性に支持されている香りが、甘すぎずすっきりとしたグレープフルーツなど簡潔系の香りです。気分転換などをしたいときにこの香りはとても効果的で、眠気が取れないときなどは、この柑橘系の香りをかぐことでシャッキリとした状態にすることができるので、朝の使用がとてもお勧めになっています。オイルのほかにも、多くの美容メーカーなどから柑橘系の香りを元にした香水なども販売されており、体に直接使用するのは少し抵抗がある場合でも、バッグに入れているハンカチにひとたらしするだけでも、楽園にいるような爽やかな香りを楽しむことができるのです。アロマオイルを取り扱っているお店などでオイルは手に入れることができますし、最近では通販サイトを利用することで自宅にいながら簡単に商品注文ができるようになっていますので、以前使用した経験があり、もう一度購入したいと思っているアロマ製品などは通販購入が簡単で便利です。

 

グレープフルーツには、他の柑橘系とはちょっと違う独特の香りがします。

 

柑橘系の香りはリモネンやシトラール、苦みを感じる香りはヌートカトンという芳香成分です。
このうち、リモネンにはリラックス効果があるとともに、健康を増進する効果があるとして注目されています。
リモネンは交感神経を活性化するため、血管が広がって血流がよくなったり、エネルギー消費を高めたりします。

 

また、脂肪分解酵素のリパーゼの分泌を促すことで、脂肪の分解や代謝を促進します。

 

さらに、ノルアドレナリンの分泌を促すことで、脂肪を燃焼する働きがあるUCPというタンパク質を増やします。

 

これらの作用によって、体脂肪の燃焼が促され、体重が減少することが期待されます。
抗ウイルス効果、抗菌効果、防腐効果があり、さらには免疫力を高める作用もあるため、風邪などの病気の予防によいと言われています。

 

動物実験では、癌の増殖抑制作用があることが確認されています。
リモネンは脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンという物質を作り出す5-αリダクターゼという酵素の働きを抑制することが知られています。

 

頭皮の血行促進効果も期待できるため、脱毛の予防によいとされています。