他オイルとのブレンドの相性について


 

 

アロマオイルの魅力の一つに、複数のオイルをブレンドすることで香りの種類が無限に生まれることです。

 

例えば2種類のオイルを混ぜ合わせるとしても、その配分によっても香りの印象は大きく違ってきます。

 

慣れてくればこれとこれを混ぜれば自分の好みの香りを作れそう!というカンが働くようになりますが、これにはある程度の経験数が必要となってきます。

 

初心者にはまずテキストなどで相性の良い組み合わせを参考にすることをおススメします。相性のよい組み合わせの代表は樹木系と柑橘系です。

 

樹木系ではサイプレス(ヒノキ科)、シダーウッド(マツ科)、ローズウッド(クスノキ科)、ヒノキ(ヒノキ科)、サンダルウッド(ビャクダン科)などがあります。

 

柑橘系ではオレンジ、ライム、レモン、ベルガモット、マンダリン、ユズなどとなります。

 

樹木系のオイルはねっとりしていて固まりやすい性質があるため、希釈のためのエタノールがあると便利です。

 

また香りが長く続くことが特徴です。

 

これに対して柑橘のカテゴリーに入るオイルはトップノートとしての特性を持つため、香りに持続性はありません。

 

そんな性質の違いも考えあわせながら組み合わせると、時間経過とともに変化する香りというのも楽しむことができます。

コメントは受け付けていません。