心への効能について


 

 

疲れている時、落ち込んでいる時には芳香成分が心にとても良い効果をもたらすと言われます。これは一体どうしてなんでしょうか。

 

その皮や果肉部分にはもちろん甘さと酸味のバランスが絶妙に働いた味わいと、少し香りを得ただけでスッキリとリフレッシュさせてくれる芳香成分が秘められています。

 

それは中身に含まれるビタミンやクエン酸といった酸っぱさをイメージさせる物質と、カルシウムなどが成せる技。

 

これらの香りを鼻からすっと吸い込むことによって反射的に刺激が脳に直接的に作用し、瞬時にして身体中に幸福感をみなぎらせることへと繋がっていきます。

 

 

これらの幸福感はいつしか前向きな気持ちへと変化していき、今の自分が陥っている精神的な落ち込みや疲れといったものを改善させ、なおかつ突き当たっている壁を突破するための原動力さえも巻き起こしてくれることでしょう。

 

 

こうした効能はアロマの分野においても昔から徐々に取り入れられており、ちょっと調子が悪いような時にその芳香成分を含んだアロマオイルを用いてみると、その香りだけで瞬時にして考え方が前向きになったり、打開策が見つかりそうになったりと、非常に良い効果が得られるとして数多くの人に愛用されています。

コメントは受け付けていません。