肌への効能について


 

 

柑橘系の香りは、近年では脂肪を燃焼する働きがあることが証明され、ダイエットや健康食品の香りづけなどとしても重要が高まっています。

 
柑橘系の主要成分はリモネンと呼ばれるものです。

 

ミカンやレモンなどの皮の部分に多く含まれている成分で、リラックス効果やダイエット効果、血行促進作用などがあります。これらの作用からむくみやセルライトの解消にも役立ちます。

 
そしてダイエットだけではなく、肌に対してもよい効果が得られます。

 

この成分には皮脂の分泌を抑える効果があります。皮脂の分泌が過剰になることが原因で起こるニキビや吹き出物を防ぐ効果があります。

 
さらに、消臭、抗菌によるデオドラント作用があるので体臭予防にも効果的です。

 

汗の分泌が増える夏やスポーツの後など、臭いを抑えてくれる効果もあります。

 
しかし、これらのエッセンシャルオイルの使用には注意が必要です。

 

柑橘系のエッセンシャルオイルを高濃度で使用すると皮膚刺激を起こすことがあります。なので使用の際には必ず薄めて使用することが大切です。

 

そして光毒性と呼ばれる光に当たることで反応してしまう性質を持ち合わせています。直接皮膚へ使用した時には、紫外線や日光などを避ける必要があります。

コメントは受け付けていません。